PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米吾の鯖寿司

a-010 P1090906
米吾の鯖寿司です。
このお店は300年の伝統があります。
HPにはこう書いてあります。
「米吾」の始まりは、江戸時代の廻船問屋までさかのぼります。
当時は屋号を「米屋」とし、米子の良質な米などを関西や九州方面に出荷して鳥取藩を振興していました。
 五代目・米屋五左衛門とその妻女は航海の安全を祈願して、船子たちのために鮓飯に鯖をのせた弁当を振る舞いました。
これより山陰名物『吾左衛門鮓』が誕生いたしました。
 明治三十五年、「米吾」として創業してからは “品質へのこだわり”を探究しながら山陰の美味を全国にお届けしております。
歴史のあるお店なんですね。

今回は、昆布巻き鯖寿司を購入しました。
この商品は、HPに、こう書いてあります。
かどのない酢加減で絶妙に〆た寒サバ、吾左衛門鮓に最適な鳥取県産ヤマヒカリを使った鮓飯、柔らかく炊き上げた北海道産昆布。
それらが渾然一体となったうまみが口中に広がります。
特許製法により、青魚の生臭さをあまり感じません。ひと手間加えた吾左衛門鮓だからこそ、その美味しさを納得していただけます。
さあ、中を開けてみましょうか。



a-040 P1090923
鯖寿司の外に昆布が巻いてあるタイプですね。
さあ、食べてみましょう。
わおっ。
美味しい!!
最高ですね。
メッチャ美味しいですよ。
これは、たまりません。
パクパクって一気に食べちゃいました。
これは、また買って食べたいものです。



関連ランキング:寿司 | 米子駅

         人気ブログランキングへ    にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 全国地域情報へ   

| 鳥取 | 01:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。