PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都限定の茶の菓

a-010 RIMG0603
京都の伊勢丹地下の売り場です。
茶の菓です。
京都地域限定販売の商品なんですよ。
茶鑑定士 森田治秀 厳選です。
小島茶園特撰茶葉使用です。



a-020 RIMG0604
今回は、お濃茶ラングドシャ「茶の菓」です。
5枚入り630円です。
京 宇治 白川の厳選茶菓を使用しています。
特製ホワイトチョコレートをお濃茶ラングドシャで挟んだスイーツの新定番です。



a-200 RIMG0793
1つゲットしました。
デザインが洗練されていますね。
老舗の高級感が漂っています。
上手いデザインです。



a-300 RIMG0798
箱の中身は5個入りでした。
緑がまばゆいばかりです。



a-330 RIMG0804
袋の中身はこんな感じになっていました。
「茶」って書かれていますね。
この焼印がコダワリのポイントですね。
いい感じです。



a-360 RIMG0809
この商品は3人の京の匠により生まれた商品なんですよ。
茶作り名人の小島確二による「究極の茶葉」、茶鑑定士の森田治秀による「究極の香り」、そしてパティシエ 江崎靖彦による「究極の味」のコラボレーションです。

HPによると。

究極の抹茶
小島確二 小島園五代目
たっぷりの甘みと深い味わいの茶葉を育て上げる匠
江戸時代から引き継ぐ「本覆茶園(ほんおおいちゃえん)」という農法により、茶葉独自の旨味とコクを内へと熟成させ、たっぷりの甘みと深い味わいの茶葉を育て上げる。


究極の香り
森田治秀 茶鑑定士
茶葉を厳選し、香り豊かなお濃茶へと仕上げる匠
小島茶園で大切に育てられた茶葉をじっくりと見極め厳選し、ていねいに石臼でひき、ラングドシャの生地に最もフィットする香り豊かなお濃茶へと仕上げる。


江崎晴彦
エグゼクティブシェフパテシエ
究極の味覚
香り高く口どけのよいお濃茶ラングドシャへと創り上げる匠
茶づくり名人と茶鑑定士、二人の匠が仕上げたお濃茶を生地に合わせ、薄くていねいに焼き上げていくことで、香り高く口どけのよいお濃茶ラングドシャへと創り上げる。

実際に食べてみると、素晴らしい。
こんな食感で極上の味の食べ物は中々食べれませんよ。
ビックリしました。
いや~、美味しかったです。
京都のお土産としても最適な一品ですね。


関連ランキング:ケーキ | 京都駅九条駅東寺駅

         人気ブログランキングへ    にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 全国地域情報へ   

| 京都 | 01:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。