≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石村萬盛堂の塩豆大福

a-010 RIMG0171
石村萬盛堂の塩豆大福120円をゲットしましたよ。
明治38年に福岡で創業した老舗企業です。
場所は川上音二郎が所有していた中村馬小路の実家の長屋を借りて誕生したそうです。
川上音二郎といえば、「オッペケペー」で知られる博多生まれの新劇の祖です。
その音二郎が、石村萬盛堂の創業者「石村善太郎」の人柄を大変気に入って、二八歳で萬盛堂を創業するときにも何かと力を貸してくれたそうです。
鶴乃子が生まれたあの長屋は、残念ながら戦災によって失われました。
しかし、その面影は須崎町の石村萬盛堂本店に今もなお見ることが出来るそうです。



a-210 RIMG0177
石村萬盛堂は鶴乃子って言う和菓子も有名なのですが、今回は塩豆大福を購入しました。
赤えんどう豆をほろほろと崩れかける寸前までに何回も密に浸しころあいをはかって塩を加えます。
塩は「天草の塩」を使っています。
天草灘で取れる塩辛味に旨みが含まれているため凝縮した味が引き出せるそうです。
その塩を加減しながらじっくりと丹念にふっくらと炊き上げているそうです。
大福は良質の餅米を使い、北海道産小豆のさらしあんを包んでいます。
赤えんどう豆の塩加減があんの甘さを引き立てています。



a-230 RIMG0179
さて、半分に切ってみましょう。
わおっ、美味しそうですよね。
では、食べてみましょう。
餡は甘すぎずに絶妙の旨さです。
豆が塩味風になっており抜群の旨さです。
餅はもちもちっとしており食感も良いですよ。
中々のレベルの大福ですね。
気に入ってしまいました。
また、見つけたら買わないとね。
とっても美味しかったです。


関連ランキング:和菓子 | 中洲川端駅呉服町駅天神駅

         人気ブログランキングへ    にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 全国地域情報へ   

スポンサーサイト

| 福岡 | 01:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。